解決事例

リースバックにより住み続けることが出来た。

任意売却後も賃貸契約で解決。

Yさん48歳は小規模の会社を営んでいました。順調に経営をしていましたが、主要取引先の破綻により大型の回収難による負債が増え、その後主要取引先がなくなったことによる減収で、返済も厳しい状態になってしまいました。
夫婦共働きで頑張ってきましたが、住宅ローンの滞納が発生し、インターネットで知った当社相談室にご来店いただきました。
住宅ローン残高は1,900万円で毎月の13万円の支払いが厳しく債権者のすすめも有り任意売却をご検討されていました。お子様がお二人で中学生と小学生というのもあり、奥様も引っ越したくはないが仕方がないと落胆をされていましたので、任意売却によりご自宅を売却する方法はもちろん、リースバックという任意売却後にも住み続けられる方法もあることを伝えました。Yさんご夫婦は賃料によっては住み続けたいとのご希望でしたので、可能かどうかは別として交渉に入ることとなりました。
債権者に任意売却交渉を行い、800万円での販売許可と、それと共に投資物件希望の会員及び業者へ販売活動をしました。
販売には3ヶ月を要しましたが、業者の買い手が見つかり、Yさんは賃料75,000円で借りることが出来ました。残債の約1,200万円は当面毎月1万円を支払っていくことで債権者も承諾。当面住み続けることが出来るようになりました。
リースバックという任意売却後でも住み続けられる方法は買い手側との条件が合えば成立しますので住宅ローンの滞納などによる競売を待つよりも、まずはご相談をください。

減給により住宅ローン支払い難に。

滞納前のご相談。任意売却により無事に解決。

Oさん45歳は会社員として勤めていました。長引く不況により幾度のリストラにも乗り越え残ってきましたが、人事異動が行われOさんも配置転換で給与も大幅に減給となってしまいました。
しかし、転職しても就職難が予想されたため、辞めることなく頑張ってきましたが、他の借入もできてしまい、このままでは住宅ローンも支払えないとのお考えから、インターネットで知った当社相談室にご自宅の売却のご相談に来られました。
住宅ローン残は1,400万円となり、販売予想価格は住宅ローン残を下回り、残債の整理は到底厳しいとのことで任意売却を進めることとなりました。
滞納前ということで、債権者とはじっくりと交渉を進めることができ、債権者からの販売希望価格で当社会員向けに販売を開始、問い合わせはある物の契約までには至らず、最終的には80万円の値引きの許可交渉を債権者に行い成立、無事に任意売却をすることができました。販売価格900万円でOさんには引っ越し費用18万円を捻出、残債は毎月10,000円を支払っていくことになりました。
Oさんは、ご家族と共にご実家に引っ越され、ご実家を二世帯住宅に建て替える予定とのことでした。今回は滞納前の相談で、交渉や販売計画に時間をかけることができ、Oさんには有利な条件交渉ができました。
住宅ローンの滞納や、滞納しそうなど、一人で悩まず、まずは無料相談で解決方法を確認してください。

競売開始決定からの任意売却

業者査定を上回る価格で販売。任意売却で解決。

Eさんは勤めていた会社を退職し、転職活動をしていましたが51歳という年齢も有り3ヶ月以上も定職が見つからない状態でした。
その間雇用保険もありましたが収入は大幅に減り、住宅ローンの滞納をするようになり、債権者からの再三の督促にも応じることができず、競売開始決定を受け当社相談室にご来店いただきました。
Eさんは今後の収入回復も見込むことができないので売却を希望しており、競売開始決定を受けていて時間もないため、相談員が即債権者との交渉を開始し、任意売却での販売価格を決めました。
Eさんのご自宅は平成17年に購入した中古住宅で、購入当時にリフォームしてお住まいでした。 築年数もかなり経過していたため、販売活動において苦戦が予想されましたが、近隣に物件が少なく、すぐに数件のお問合せが有り、即に買い手を見つけることができました。
住宅ローン残債額が1300万円に対して販売価格が830万円、引っ越し費用として20万円を確保でき、残債が約550万円となり、残債は当面は毎月1万円の支払いで債権者に承諾してもらい無事に任意売却にて解決しました。
今回は競売開始決定後の入札開始間際での交渉や販売活動でタイミングもよかったため販売につなげることができましたが、お早めのご相談をおすすめしています。住宅ローン滞納前や滞納していてお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

特殊な外観で販売難。しかし任意売却で解決。

販売価格変更交渉により無事に売却に。

Aさん49歳は正社員として安定した収入を得ていましたが、お父様の他界により、債務を相続してしまい、返済に追われてしまいました。
そのことにより住宅ローン支払いが困難となり、義父の援助により支払いを続けてきましたがいつまでも義父の援助ができるわけでもなく売却をすることになりました。
近隣の業者へ売却の査定を行いましたが、立地条件や、特殊な色や形の外観のため査定額には住宅ローン債権者の了承も得られず、悩んだ末にインターネットで知った任意売却を検討されました。
立地、外観の特異性から販売には困難が予想されました。
債権者側との交渉により決定した最低価格での販売を行いましたが、先の理由により買い手も見つからず、2ヶ月を経過しました。
その後再度債権者との交渉を行い更に価格変更を行い、4ヶ月を要し無事に買い手が見つかりました。
当初の住宅ローン残高1,580万円に対し、残債が720万円となり、残債はAさんが無理な負担がないように、毎月1万円の支払いで了承。また引っ越し代の25万円も捻出することができました。
住宅は立地や外観、設計によって査定額も大きく変わります。通常の売却では困難な場合も任意売却の債権者交渉により売却することが可能となります。
査定がつかず、しかし住宅ローンを滞納してどうにもならないなどのお悩みはお早めにご相談ください。

離婚後、住宅ローン支払い困難に。

売却金額に折り合いがつかず任意売却で解決

Tさんは奥様と離婚をしました。自宅には奥様と大学生と高校生のお子さんが住み、Tさんは賃貸のアパートへと引越ました。養育費と一部ローン返済の負担をしていましたが、自身の家賃とご自宅のローン一部負担、養育費とぎりぎりの生活をしていました。

ご自身の税金なども支払うことができず、滞納をするようになり、このままでは住宅ローンも支払いができなくなるのは確実とみて、債権者と相談し売却のためご自宅の査定を行いました。そもそも債権者側はローン残債の解消が条件のため、売却価格は高めでした。

その為か思うような査定が出ず、ローン支払いも困難なため当社に相談にご来店いただきました。相談員からは任意売却についての説明やそのまま住み続けられるリースバックについての説明もさせてもらいましたが、奥様もご実家にお子さんとお引っ越しされたいとのことで、ご自宅の売却をご希望でしたので債権者との交渉に入りました。

税金滞納により、自宅の差し押さえがありましたがこちらも交渉し、5税金滞納に対して全額完納することで差し押さえ解除をしてもらいました。
また、住宅ローン債権者の希望金額では販売活動が難しいため、粘り強く交渉し、当初は1600万円での販売条件を1150万円まで下げることができ、販売を開始することができました。無事に当社会員様から買い手が見つかり、奥様のお引っ越し費用も捻出し、また税金も全額清算できました。

残債はTさんの無理のないように当面は毎月1万円の返済で交渉成立し、無事に任意売却により解決しました。
Tさんは早い段階でのご相談だったため債権者との交渉もスムーズに行えました。
任意売却でご自宅の売却をする場合や、リースバックといってご自宅に賃貸として住み続けられる方法、代位弁済で住み続けられる方法もあります。
まずは悩まずお早めのご相談をしてください。

仕事で他県へ。賃貸も難しく、任意売却で解決。

地元業者での売却では完済できず任意売却で無事に決着。

40歳のNさんは大手工場で働いていましたが一部生産が海外へとかわり、大きな人員整理が行われました。

年齢と再就職難を懸念していたNさんは、会社側から子会社の工場での人員募集を聞いて、他県であったけど移動をすることになりました。
仕事は順調にすすみ、環境や収入も安定していましたが、片道1時間半の通勤は会社から支給される交通費の限度額を大幅に上回っていました。そこで自宅を賃貸で貸し出し家族で引っ越すことしました。しかし、立地条件からか1年半をたっても借り主が現れず、家賃とローンの二重支払いにも限界が。住宅ローンの滞納も起きてしまい、地元業者で自宅売却してまたマイホームを持とうと考えていましたが、ローン残債を精算できるような価格ではなく、日に日に住宅ローン滞納による督促も厳しさを増し、当社に相談にこられました。

当社の査定であっても残債は約600万円ほど出てしまい、Nさんは到底払えないとのことでしたので、債権者と交渉し残債分を毎月当面3万円の支払いで承諾にこぎ着けることができました。
Nさんは「仕事は順調なのでもう少し収入が上がったらまたマイホーム購入をします」と目標を持っておられました。

自宅の売却では多くの場合、残債が出てしまい、その精算は一括で請求されます。 そのため、ローン滞納が限界に達し督促などで追い詰められた状況で来られる方や、 ローン支払いのために他社借り入れが増えてしまい、どうにもならない状態になってしまう方も非常に多く見受けられます。

Nさんは早めのご相談により、他社の借り入れ等もなく、先々には再度マイホームを持つこともできるでしょう。 追い詰められる前に是非ご相談をしてください。

ご主人の長期入院により任意売却へ。

未滞納での相談。任意売却できた。

Kさんは派遣社員としてお仕事をされていました。しかし、健康診断により発覚した病で長期の入院を余儀なくされ、お仕事もできなくなってしまいました。

築年数4年と短いマイホームですが、奥様もパートと看病により、住宅ローンの支払目途はたたず売却を決心されました。しかし、住宅ローン残が1800万円あり、業者に相談しても販売価格に対して残債が残ってしまい、その残債を払う余裕もないため、債権者の勧めもあり任意売却にて進めることになりました。

インターネットからのお問合せで当社相談室にご来社いただき、債権者の交渉をスタートしました。
債権者からの希望売却額は1300万円、販売活動を開始したところ、近隣での買い手が見つかり、1380万円で販売することができました。 Kさんへは引っ越し費用として30万円も確保でき、残債は当面毎月1万円の返済で債権者の承諾も取れ、無事に任意売却をすることができました。 現在はご家族は奥様のご実家に引越されました。

預貯金が少なく売却損をカバーできないと売却の際に残債が残ってしまい、残債の整理ができないケースが多々あります。任意売却の場合、当社相談員が債権者と交渉し、この残債にたいして無理のないご返済計画を債権者と交渉をさせていただきます。
残債が残ってしまうなどのご相談もお任せください。

給与の減額から住宅ローン支払い難に。

早いご相談でスムースに任意売却ができた。

Sさんは派遣社員として永く勤めていましたが、契約終了により、派遣先が変更となりました。
以前の条件よりも給与が下がりましたが他の派遣先よりは良かったので新たな派遣先で勤めていましたが、住宅ローンの金利見直しで20年固定にしたことで利息が上がり、住宅ローンの返済も厳しい状態になっていました。

そんな中、奥様がご病気でパートを続けることができなくなり、療養にも時間がかかりそうで住宅ローンの滞納は目に見えていたため、当社相談室へ任意売却のご相談にご来店いただきました。 まだ住宅ローンの滞納もない中、その他の借り入れもなく、債権者との協議もスムースに行うことができ、債権者の希望金額で当社会員向けに物件紹介をしたところ即買い手が見つかり、無事に決済をすることができました。

住宅ローン残が1700万円に対して債権者の販売希望価格が1400万円、ローン残債が300万円となり、Sさんに無理がないよう当面毎月15000円の返済として承諾をもらいました。 また、Sさんご家族の引っ越し費用も30万円捻出をすることができ、現在は奥様のご実家にお引越しをされました。Sさんは奥様の体調がよくなったらまたマイホームを手に入れたいとお話をされていました。

住宅ローン滞納やその他の借り入れの催促などでお悩みになっている方は大変多いと思います。支払い難になると自己破産を考える方が多いですが、まずは整理することから考える必要があります。

住宅ローン滞納はされてなくてもこの先・・・と不安を抱えていらっしゃるようでしたらお気軽に相談員までご相談ください。

勤務先の突然の解雇。住宅ローン支払い難に。

厳しい立地条件でも任意売却にて解決。

Aさんは勤め先からの会社都合により解雇をされました。
突然のことで納得はいかないものの、勤め先の経営状態は悪く、賃金の遅配も度々有り先々のことを考え自主退職も考えていたところ、解雇となりました。

解雇手当ももらい、また会社都合のため雇用保険にて多少は補えましたが、すぐに次の就職活動をはじめました。
しかし、54才という年齢から生活できる収入の仕事は見つからず、あったとしても書類選考で落ちてしまうという状況でした。そんな中雇用保険では支えきれず住宅ローン滞納からリスケジュールとなり、リスケジュールした利息分の支払いも出来なくなる状態でした。

債権者からの督促が頻繁に来たことで、インターネット検索から当社相談室にご来社いただきました。
築13年の住宅はきれいでしたが目の前に墓地という販売が難航しそうな物件。債権者からの販売希望金額も厳しい条件を突きつけられましたが、当社相談員が何度も足を運び、販売希望金額を大幅に下げる交渉が成功し、当社会員と賃貸向け物件として投資会社に販売活動を行いました。

時間もかからず賃貸物件向けとして業者販売ができ、無事に任意売却をすることが出来ました。住宅ローン残金は800万円残りましたが、安定した収入が得られるまでは毎月1万円の返済で債権者も承諾し、Aさんはご実家にご家族と共に引越をされました。

企業のリストラや就職難による住宅ローン支払い難は非常に増えています。
一般の業者では販売が難しい物件も任意売却で債権者交渉から販売活動まで当社が行います。
また、任意売却後も住み続けられる方法もありますのでお早めのご相談をお薦めします。

離婚により自宅の任意売却。

売却が難航し当相談室へ。任意売却により無事に解決。

Eさんご夫婦は離婚調停に入り、ご主人も奥様も別々に賃貸アパートへ引越、ご自宅の販売活動をしていました。
ご主人は現在の賃貸アパートの家賃と、販売中のご自宅の住宅ローンを支払っていましたが二重の支払いでこの先支払いが出来なくなる状態で、奥様もパート勤めで住宅ローン返済までは出来ない状態でした。

しかし、立地は良いものの、なかなか買い手が決まらず1年以上経ち、いよいよローン支払いも出来なくなる状態で、当社の相談室にご来社いただきました。

住宅ローン残高3000万円、債権者の承諾を得て2300万円で販売活動をしていたとのこと。当社では立地条件や建物の状況を見て、この価格では販売は厳しいとお話しした上で債権者との販売価格を下げる交渉をさせていただき、1900万円での販売、1100万円については 支払い可能額で分割返済していくことで承諾を得ることが出来ました。

当社会員への販売活動を中心に行い、2ヶ月で販売に至ることが出来ました。

離婚による任意売却はとても増えています。本来希望通りに物件が売れれば良いのですが、 簡単には決まらないケースが多く、離婚による財産分与に関わるため調停が長引くことがあります。任意売却では債権者交渉も当社が行い、早い解決も可能になってきます。

お近くの相談室を探す