解決事例

二世帯住宅の任意売却。

お父様の体調不良から支払い困難に。

Hさんは結婚後、ご両親と同居するにあたり二世帯住宅を建てました。お父様も現役でお仕事をされており、派遣社員だったHさんの収入とお父様の収入で住宅ローンを支払っていました。

しかしお父様が突然病に倒れ、お仕事も続けることが出来なくなりHさんと奥さんのパートで住宅ローンを支払っていましたが、お父様の医療費なども予想以上にかかり、住宅ローンの支払いが厳しい状態となっていました。

ご家族で話し合った結果、お父様の病状は改善するものではなく、売却する方向で結論を出しました。各業者に査定をとってみましたがローン残高が約2300万円に対してあまりに評価が低く売却は難航。債権者からも販売金額はローン残の完済でないと難しいとの話でした。

Hさんは困ったあげくインターネットで知った当社相談室に来られました。 二世帯住宅というマーケットの小さい物件のため各業者厳しい査定をしたと考えられます。

当社担当相談員が債権者である銀行と粘り強い交渉の結果、1900万円の販売額で承諾に持ち込み、1980万円で当社会員だけに物件紹介をしたところ、すぐに買い手が見つかりました。Hさんは市県民税の滞納も有り、販売価格から税金の完済と、引っ越し費用の20万円の捻出をして、残った残債は収入に合わせ毎月15,000円を支払っていくことで無事任意売却により解決をしました。 現在は戸建ての5LDK借家に引越しをされました。

Hさんの場合は滞納のない状態でご相談いただきました。その為債権者交渉も時間がとることが出来、当社相談員が粘り強く交渉した結果無事に任意売却で解決することができました。
まずはお早めにご相談いただくことが大切かもしれません。

派遣社員から無職へ。住宅ローン返済不能に。

支払い延滞後6ヶ月経過してからの任意売却。

Sさんは派遣社員として働いていましたが契約期間終了後、継続契約もなく、また次の仕事も決まらない中、ほぼ無職状態になってしまいました。
就職活動も行っていましたが思うように行かず、生活は厳しい状態でした。奥様もお仕事をしていましたが、収入は足りません。
そんな中、住宅ローンの支払いも止まってしまい、4~5ヶ月後には、保証会社へ代位弁済となりました。Sさんは自宅は手放したくない一心で悩みに悩み苦しんでいたようです。

周りの方のすすめもあり任意売却をする決意をし当社にご連絡をいただきました。 住宅ローン残高1500万円に対して債権者の売却希望が980万円。当社会員様向けに物件の紹介をしたところ、すぐに買い手が見つかりました。

残金は520万円。債権者との交渉で毎月10,000円の返済で承諾をもらいました。 Sさんは自宅を手放すことにかなりの精神的ダメージをうけていましたが39才と若く、これからお仕事も見つかればまたマイホームが手に入れられます。このように「任意売却」は新たな再スタートとなります。

住宅ローンの一括弁済などで、払えないから自己破産や債務整理を考える方が多いですが、まずはご自宅の任意売却から返済負担を軽減し、その他の債務弁済を検討することも必要です。
まずは当社相談室までお気軽にご相談ください。

ご商売の経営悪化から住宅ローン返済難に。

債権者からの紹介でスムースに解決。

Gさんはご自宅を事務所にして輸入関連のお仕事をしていました。今まで順調に経営してきましたが近年のデフレやネット通販の発展から徐々に売上は厳しくなり、そして円安により仕入原価が上がり経営は急に厳しくなってしまいました。

そして生活も苦しくなり多額な住宅ローンが返済難に。銀行への相談も早く、また急業績向上を見込めなかったため早い決断で自宅を手放すこととなりました。 弊社には借入金融機関からの紹介でした。代位弁済に入る前の依頼だったため交渉はスムースに行えました。

当初借入金融機関の債権者の希望額がローン残高2,800万円に対して2,000万円を要求。その金額での売却は厳しい状態だったため売却額の減額を要求。 1,500万円での売却で交渉し了承してもらいましたので販売活動を開始しました。

Gさんには業績不振とは言わずに「引っ越す」という形で近隣に声をかけていただきましたところ、ご近所の方の息子さんご家族が是非ということで購入希望をとることが出来、無事に売却することが出来ました。また引っ越し費用も捻出し、Gさんはご実家に引越、残債1,300万円を毎月20,000円の返済で債権者も了承し、任意売却により解決しました。

今回は代位弁済が入る前に金融機関に相談しスムースに任意売却を行うことが出来ました。 また、任意売却のため近隣にも引越という形で世間体を守ることが出来ました。 住宅ローンの滞納や返済難は早めの相談をおすすめします。

ご主人経営の会社が破綻。その後他界してしまった。

債権者からの任意売却依頼。

Sさんのご主人は会社を経営していました。昨今の不況により経営状態は厳しく、 事業継続を断念し破産をしました。その後ご主人も体調を崩し他界してしまい、奥様であるSさんはその相続人として住宅ローンも返済をすることに。返済不能なため債権者である金融機関に相談し、その後債権者から当社に任意売却依頼がきました。

住宅ローン残高は1410万円、その他の債務が200万円でした。立地条件は良いとはいえませんでしたが、ハウスメーカー施工の住宅と、維持状態も良かったため債権者の売却希望を大きく上回る1800万円で買手が付きました。

会社の破綻とご主人の連帯保証と言うこともあり、管財人案件となりましたが買主様のご理解も有り、引き渡しには少し時間もかかりましたが、無事に解決。Sさんは相続放棄した上で、駅に近い賃貸に引っ越すことができました。

今回はご主人が他界され、精神的にも厳しい状態でも延滞する前に金融機関に相談されたのがスムースに進行し、無事に解決しました。

連帯保証人として、債務がのしかかり生活苦に。

住宅ローン滞納から競売通知。任意売却で解決した。

Iさんは61才。派遣のお仕事をしています。生活は楽ではないものの毎月に収支は合っていて、住宅ローン残1600万円も毎月しっかりと支払っていました。

しかし、離婚した前妻の方が自己破産をしてしまい、その連帯保証人にIさんはなっていたため、債務が突然のしかかり支払い困難となってしまいました。前妻の方とも話し合いをしましたがその債務をIさんに支払うことが出来ず、全ての弁済をIさんが行わなくてはならなくなってしまいました。

Iさんの生活は一気に厳しくなり、住宅ローン滞納をするようになり、いよいよ「競売開始決定通知書」が届いてしまいました。今から収入が増えるわけでも、債務の肩代わりがなくなるわけでもなく、悩んだ末に当相談室にご来店されました。

自宅のローン残高が約1600万円、土地や建物の状況からとても完済できる状態ではなかったため、当相談員が債権者と協議を開始、何とか590万円での売却に承諾をもらいました。

その後販売活動を開始し、当社会員様から物件問合せが入り現状渡しの590万円にて売却が完了。Iさんは残債を毎月1万円の支払いをしていくことで債権者とも合意。

現在は夫婦二人で賃貸マンションにお引っ越しをされています。前妻の方の消費者金融の債務支払い催促と、住宅ローン支払い督促に追われ苦しんでいましたが、2LDKのマンションに引っ越され、今は安定して暮らしているとのことです。

競売開始決定通知書が届いてからの任意売却となりましたが、住宅ローン滞納から収入が上がる見込みや大きな収入が入る予定がある以外は多くの場合、悪化していく場合がほとんどです。その間も督促に悩み続けていますので早めの相談をお勧めいたします。

任意売却もその後も住み続けられる方法もありますのでまずはお気軽に相談してください。

派遣先の変更で給与減額。住宅ローン返済困難に。

滞納1ヶ月で相談、早期に解決

Yさんは派遣社員としてシステムエンジニアのお仕事をしていました。 しかし、派遣先の業績悪化から派遣契約の満了と共にYさんの派遣先が変わり給与も以前派遣先と比べ大幅に減給となってしまいました。 10年前に新築で購入した住宅のローンの残債は2,100万円、 毎月10万円の返済でしたが元々共働きで返済していましたので減給により支払いが困難となってしまいました。

滞納1ヶ月でしたが、これから払っていける見込みがなく、インターネットで知った当社にご相談に来られました。 Yさんは現状ではローン滞納を改善できる方法がないとのことで競売にかけられるとのことであれば任意売却で生活を立て直したいとのことでした。

担当相談員が債権者交渉を開始し、債権者が売却条件として1,300万円を提示してきましたが立地条件等から厳しい販売活動に予想されました。当社会員への物件紹介のみならず、業者を含めた販売活動を行いましたが希望価格に満たない状態でした。そして隣地の方に「仕事の転勤で引っ越すことになったので販売することになりました。」と挨拶及び販売概要を説明したところ、隣の方のご長男が購入したいとのことで希望価格での売却ができました。

残債は800万円ですが、返済負担がないように毎月10,000円とし、引っ越し費用としても50万円を捻出することができました。 Yさんは競売にかかる前の早い段階で決断しご相談いただきましたので、交渉もスムーズに行うことが出来ました。またその分近隣の方にも「転勤による転居」として世間体も守ることが出来ました。

ローン滞納と先の見えない支払い計画に悩んでいないでまずはご相談ください。

突然の解雇、再就職も厳しく住宅ローン滞納。

滞納4ヶ月からの任意売却。

Kさんは派遣社員。奥様と共働きだったため比較的生活にも余裕がありました。 住宅購入は平成21年で駅も近く近隣は買い物などの利便性の高い場所でした。 奥様が妊娠をし、Kさんもこれから更にがんばっていこうというときでした。 会社からの突然の解雇通知。奥様もすでに妊娠8ヶ月で会社を退職したところでした。 共働きだったKさん宅は二人同時に無収入になってしまいました。

Kさんも再就職活動に必死になり、奥様も自宅でできる内職の仕事を紹介してもらうなど、 なんとか安定収入を目指しましたが、Kさんの就職活動は難航し住宅ローンも滞納状態になりました。 何とかしなくては。との思いからか住宅ローンは4ヶ月にも及び、税金滞納も210万円にも膨らんでしまいました。

Kさんはインターネットで任意売却を知り、当相談室にご来社いただきました。当初自己破産を考えていると言っておりましたが、毎日督促されていて精神的にも追い詰められていましたが、ご自宅の立地条件や状況が良かったため、任意売却をおすすめし調査及び交渉をしました。

まずは多額な税金滞納で差押えの予告が来ていましたので、分割にて支払う交渉をし差押えに入らずにすみました。 また自宅の債権者との交渉も無事に了承してもらいました。

立地条件が良いため、少しでも高く売却をするため、当社の物件待ちの会員さんのみならず、広く買主を募集しました。すると物件近隣の方が購入希望で無事に決済、住宅ローンが2,980万円に対して売却金額が2,150万円、残債830万円を債権者と交渉し、毎月2万円の返済で了承もらいました。Kさんは督促から解放されたのでこれから前を向いて家族共にがんばっていく、とおっしゃってました。

自己破産をせずに任意売却で再スタートをきるお客様が増えております。
一人で悩んでないでまずはお気軽にご相談ください。

高齢で体も不自由なため施設へ入居するにあたり売却。

ノンバンクで抵当権を押さえられている。

Hさん79才は年金生活で体も不自由でした。厳しい生活の中消費者金融への借り入れが多額になり、支払いが困難となりました。長期にわたり未払い状態が続いたため債権が複数箇所に譲渡されており、土地建物も担保に入れられていました。

債権者側も滞納が長期にわたったため競売に踏み切りました。そこで当社にご連絡頂き、お体も不自由だったために当社相談員がご自宅に訪問し状況をお聞きしました。 ご長男もご同席頂いていましたので今後について様々なご提案をさせて頂きました。 そこで、競売ですと落札価格が非常に低く、自宅が差し押さえられても残債は残るだろうという判断からお体が不自由なこともあり、施設への入居をして、ご自宅を任意売却することとなりました。

立地条件はニーズのある場所でしたが、建物の老朽化で評価は低かったですが、当社会員様で同地区で土地購入をご検討いただいている方が購入、残債700万円に対し850万円の売却額で債務を完済することができました。

資産状況からもし競売になっていれば、残債が残りHさんは施設入居でありながら返済を続けていかなければならない状況だったと考えられます。 無事に長年の消費者金融の借金がなくなり、晴れ晴れしたご様子でした。

今回のように、「任意売却」での相談からでも、一般の販売と同様の取引となるケースもあります。消費者金融などのノンバンク系金融での借り入れは利息も高く、滞納をしているとますます借金額が膨らんでいきます。早めのご相談が必要となります。

まずはお気軽にご相談ください。

転勤による生活負担と離婚。

住宅ローン滞納2ヶ月、任意売却で解決。

会社員のMさん43才はマイホームを所有していましたが、会社の都合で転勤を命じられ、単身赴任をしました。赴任先の家賃は会社の就業規則に基づき、会社負担分と、一部自己負担分があり、Mさんにとっては今までよりも支出が増えてしまいました。

2年と3ヶ月の単身赴任生活で生活は厳しくなり住宅ローンも2ヶ月遅れで払っていましたが、生活の厳しさと転勤により夫婦間もうまくいかず、離婚をすることになり、自宅の売却を進めることになりました。

しかし、中古住宅で購入した自宅は築20年で傷みも多く、立地条件も悪かったことから到底残債整理をできるだけの査定は出ず、このままでは競売になってしまうということで任意売却の相談に来られました。

金融機関と当相談室で協議した結果、金融機関の希望する金額から1割程度売却金額を安くすることで売却の可能性がでてきましたので、当相談室会員に情報を流したところたまたま勤務先に近いとのことで購入を検討したいというお客様が現れ、無事に決済することになりました。

Mさんは税金滞納やその他ローンの滞納はありませんでしたので住宅ローン残債1,250万円に対し、売却額680万円、残債の600万円を毎月1万円ずつ支払っていくことで債権者と合意。またMさんご家族の引っ越し代を用意することができました。

Mさんの転勤先が遠いこともあってご自宅の売却に多くの時間がとれず、また当初の査定が低いことと、債権者が承諾してくれないことで悩んでいましたが、当相談室で一任して交渉と売却手続きを行うことができ、ホッとしていました。

任意売却は債権者との交渉のみならず、購入客を探すことが重要となります。ただ業者に物件情報を流すだけではなく、当相談室では物件を探している会員様が膨大にいるため少しでも高く、残債が少しでも少なくなるよう努力しています。

まずはお気軽にご相談ください。

債権者側からの任意売却を勧められたケース。

債権者とお客様からの任意売却の相談でスムースに解決できた。

Oさん(46才)は大手企業をリストラされてから派遣社員として働いていたが収入は大きく減り、住宅ローン滞納により住宅金融支援機構からサービサーへの業務委託状態でした。

当事例ではOさんからではなく、債権者側から「任意売却」を勧められたことがきっかけでした。当社Oさんは、任意売却を依頼できる不動産会社が分からなかったため、債権者に業者紹介を依頼しました。ただ自身でもインターネットで調べ、当相談室へお電話いただきました。偶然にも前日に、債権者からOさんの件で任意売却依頼の連絡が当社へ入っていた為、すぐに内容が確認できました。

住宅ローン残は約1900万円でしたが、田畑に囲まれた立地のため債権者の指定した価格では難しい状況でした。しかし、広範囲に広告宣伝と販売活動を広げた結果、指定金額での購入申込が入り、債権者も承諾しました。

また、Oさんの希望していた引越費用も捻出でき、尚かつ滞納していた固定資産税分も債権者の承諾をとり全額清算出来ました。Oさんは最大限経済的な負担を減らし、又、持ち出し費用なしで無事引っ越すことができました。

Oさん自身は住宅ローン滞納をしてから一括支払いの請求がきて、どうしていいのか分からず身動きのとれない状態でした。

しかし、ローン残債の一括支払いの請求が来ても払える状態ではなければ悩んでいても辛いだけです。専門家に相談し、任意売却にて解決する用法、買い戻し、リースバックとケースや希望により様々な解決事例があります。前に進むことができますのでまずはご相談からしてみることをおすすめします。

住宅ローン滞納・税金未納・離婚、
そして競売開始決定を受けた。

任意売却により税金滞納分を完納精算。

Hさん(45才)は、自営業をされていましたが不況により業績悪化で住宅ローン滞納や 税金も100万円程未払いの状態でした。生活も苦しく家族を養っていくことができず離婚。 その後築13年のご自宅を売却しようと、地元の不動産会社に査定を依頼。住宅ローン残債は2000万円でしたが、工場などに囲まれた立地環境により査定額が低く、相場がローン残高よりも大幅に下回っているため売却は難しいと説明を受けたとのことでした。結局、自宅を売却することは出来ないと諦めてしまったとのこと。 その結果、数ヶ月経過し競売開始決定を受け、当社にご相談にいらっしゃいました。

すぐに任意売却で進めることになり、販売活動へ。2回ほど物件買い付けの話もきましたが価格で折り合わないため、保証会社に相談、市場性の状況を細かく説明し、厳しい金額ではありましたが無事に指定した金額で了承、売却手続きに入りました。延滞税の高い税金未納分を完済し、引越費用を捻出した後に残債の約500万円を月々1万円ずつ分割にて支払いっていくことで解決しました。Hさんは競売開始決定を受け当社にご相談に来ていただきましたが、そのまま競売に入ってしまうケースがほとんどです。競売では落札価格が非常に低く、ほとんどの場合、税金滞納分までは清算されず、自宅明け渡し後の生活にも大きな負担が残ってしまいます。また税金については自己破産しても減免されません。 任意売却では競売に比べ売却額が高いケースが多く、残債負担も少なくすみます。そして今回のように、税金滞納分も売却代金から精算できる場合もあります。 「残債を下回っているから売れない」「一括返済の通知が来た」「競売開始決定が来た」と いう状況であっても一人で悩まずまずは無料相談室にご相談ください。様々な解決策があります。

お近くの相談室を探す