任意売却8つのメリット

売却価格

一般市場(購入者は銀行融資も可能で安心取引)での売却なので、市場価格又は相場に近い価格で売買が可能。よって最大限残債を少なくすることが可能。

残債

債権者との相談の上、無理のない額での分割返済が可能。

明渡

買主や債権者との打ち合わせにより、引越時期や条件等ある程度柔軟に要望を聞いてもらいやすい。

プライバシー

初期段階なら誰にも知られず売却することも可能。又競売でなく通常の住み替えとしての販売活動が行える。家族のプライバシーも守りやすい。

他人からの干渉

一般の売買として引っ越すので、慣れ親しんだ地域内でも住みやすい。又、状況次第では引越しすることなく、そのまま住み続ける方法もある。(リースバック)

諸費用

売主として持ち出し負担の費用は一切無く、債権者との調整次第で、売却代金の中から一部を引越代金や住替え資金(現金)として配分できる。又税金、管理費・修繕積立金(マンションの場合)等の滞納金も精算可能なケースもある。

精神面

強制退去とは異なり、自主(自分の意志)売買での引渡しなので、計画的に且つ前向きに新生活のスタートができる。

手段

債務者・債権者共にメリットが多く有効な手段なので話し合いによる円満解決方法の一つと言える。債務者再建型。

お近くの相談室を探す