競売の流れ

住宅ローンの滞納から競売までの流れです。

1.住宅ローンの滞納により催促書・督促状が届く。

住宅ローンの滞納が始まると、金融機関等から郵便・電話で督促がはじまります。
債権者から「催促書」「督促状」が届き、個人信用情報への延滞(事故)情報として登録されます。※俗に言うブラックリストになります。その後住宅ローンの全額一括返済を求める通知「期限の利益の喪失」により一括弁済の請求をされる(現実問題ほぼ不可能・・・)

催告書
督促状

2.「競売開始決定」通知が届く

代位弁済により保証会社への債権移行、債権回収部署・債権回収会社へ移管します。債権者が競売申し立てを行い、裁判所から「競売開始決定」通知(1)が届きます。
(差押登記)これは競売にかけられたことを意味します。

代位弁済実行通知
代位弁済
競売開始決定通知

しかし、この通知が来ても諦めないで下さい!
債権者との話し合いで任意売却に切り替える事が可能です!!競売開始決定通知が届いた場合、すぐに最寄りの任意売却24h相談室にご相談下さい!!

3.不動産の現状調査

裁判所からの通知(2)「不動産の現状調査について」後、執行官・不動産鑑定士が訪問し、物件内部の調査と写真撮影を行います。不動産鑑定士によって物件調査書(競売3点セット)を作成します。

現状調査通知

4.「期間入札」決定の通知

配当要求終期の決定・公告。裁判所での情報掲示・公開の後、「期間入札」決定の通知(3)が届き、入札の日程、売却基準価格が公表されます。

競売入札期間決定

5.競売公告開始※「任意売却」という解決手段が可能な最終期間

競売公告(入札希望者用)を公開します。具体的には物件明細書・現状調査報告書・評価書の3点セット公開します。この頃から、新聞・インターネット・競売情報誌等で詳細情報が流れ、貴方の自宅が競売にかけられた事が周囲に知られてしまいます。

競売情報誌への掲載例

6.期間入札開始

入札希望者による札入れが開始します。入札が開始すると、任意売却を行うことはできません。(入札期間:1週間)

7.開札日

開札日に入札された結果として落札者が発表されます。(開札日は入札期間最終日の1週間後です)

売却基準価格より低い価格で落札される競売物件

8.売却許可決定

開札による買受人に売却許可決定され、その後確定されます。

9.所有権移転後、立退き請求→明け渡し

買受人による代金納付があり、物件の所有権移転が認められます。裁判所の嘱託登記・所有権移転が行われます。
買受人(競売落札者)より立ち退き請求があり、自宅を明け渡します。
所有権移転後にお住まいになられている場合には不法占拠として「強制執行」される場合もあります。

お近くの相談室を探す