競売を取り下げるには

競売を取り下げるには?

債務者が競売を取り下げる事はできませんが、債権者はいつでも競売申し立てを取り下げる事ができます。早めに任意売却事業者に相談し「できるかぎり早い段階で債権者と話し合いをすること」です。円滑にまとまれば競売を取り下げてくれます。

【競売取り下げの期限】

競売申立人は競売の開始決定がされた後でも、売却が実施されて売却代金が納付されるまでは、競売を取り下げることができます。しかし、入札期日が終了し、開札になった場合、競売を取り下げるにはその買い受け人の同意がないといけません。買受人が代金を納付してしまうと競売を取下げすることはできません。
売却が実施されて「最高価買受申出人」の決定がされた後の取下げについては、最高価買受申出人又は買受人及び次順位買受申出人の同意を必要とします。
確実に競売を取り下げるためには、申立債権者に開札期日の前日までに執行裁判所に対し取下書を提出してもらう必要があります。買受人が代金を納付した後は申立ての取下げはできません。

ポイント
  • 競売申立人は競売をいつでも取り下げる事が出来る
  • 確実に競売を取り下げてもらうためには、申立債権者に競売開札期日の前日までに、取下書を提出してもらう必要がある。(債権者によって異なるが、実務上は入札期間が始まる前までに任意売却等の手続き完了させなければ、取下げてもらえません。)

競売取り下げと、任意売却のタイミング

競売を取り下げてもらう為には出来るだけ早く債権者と相談する事が大切です。
期限の利益喪失後において、残債と一括で支払える見通しがないようであれば、出来るだけ早く任意売却事業者に相談しましょう。債権者との連絡等についても任意売却事業者が行います。

裁判所から競売開始決定の通知が届いた時

競売開始決定の通知が届いた時点で競売開始までおよそ3~6カ月間の猶予があります。
不動産を手放さずに競売を取り下げてもらうためには、債務金額を現金で用意する必要があります。
しかし、現実的にはローン残高金額を一括で支払うことは、不可能に近い状態と思われます。
任意売却は、競売開始決定の通知が届いてからでも、まだ間に合います。
ただ競売開始までに売却を成立させるためには、時間の余裕はありません。早めにご連絡を下さい。

現況調査について(通知)が届いたら...

期間入札までの時間もそう長くありません。競売取り下げをお考えの場合、これからは時間との戦いと思ってください。一刻も早くご相談下さい。

任意売却24h相談窓口(無料)

競売を取り下げたい...住宅ローンの滞納等、無料相談を行っております。
ご相談窓口にてご相談下さい。ご相談者様の立場に立って専門家がしっかりとサポートいたします。

任意売却24hネットワーク代表 落合聡志
任意売却24hネットワーク代表 落合聡志

お近くの相談室を探す